映画女優を調べる。ティファニー・シェピスとは

ティファニー・シェピスの出演作品
ティファニー・シェピスの出演する作品はいくつかあります。その中でもいくつか気になる作品があったので紹介したいと思います。「モンスター」という作品です。
「モンスター」という映画のあらすじを簡単に紹介すると、優秀な医者が集められ、倫理に反した人体実験を行う集団の中で、人体実験で生まれた怪物が次々に医者達を襲っていくというストーリーです。
こうしたあらすじの映画はいくつか存在しており、マッドサイエンス的な描画なども使う古された感じはあります。
ティファニー・シェピスの主演する映画の中で最近のものですが、ティファニー・シェピスが出演する映画は、日本でいうところのB級映画と呼ばれる物が多く、また、ティファニー・シェピスはホラー系、パニック系の映画に多数出演している女優なので、ホラーやパニック映画が好きな人が見たら、どこかで見たことがあると思った人もいるかもしれません。
ティファニー・シェピスの出演している映画で少し気になったのは、「ストリッパーVSゾンビ」という作品です。
ゾンビ物のパニック映画は数多くありますが、ストリッパーがゾンビと戦うというのはなんともシュールで、さらに、この映画はゾンビメイクがかなり良いという評価を受けているように、ゾンビの出来はいいので、ゾンビ物のパニック映画としては楽しんでみることができます。
ティファニー・シェピスも出演している映画では、こうしたホラーやパニック系の映画が多いのですが、海外のパニックやホラーを見るとき日本人で少し理解出来ない演出をしているものが度々目にすることがあります。
その理由として、日本と欧米の人では恐怖を感じる所に若干の違いがあるからではないでしょうか。ホラー系の映画を見る人で、「ホラーはやっぱり邦画が良い」と言う人がいます。こうした感想を持った人の理由も、日本と欧米で恐怖を感じるポイントに違いがあったのだと思います。
邦画のホラー映画だと、有名なのが「貞子」や「呪怨」です。ハリウッドで呪怨が制作されたこともありますが、邦画と洋画両方を見て、日本人が怖いと感じたのはやっぱり邦画の呪怨だったようです。
パニック映画やホラー映画などでB級映画が多い理由の1つとして、ストリーが使い古されている場合が多くあります。
ティファニー・シェピスが出演している映画の多くも、どこかで見たことがあると思える作品があり、こうしたホラー映画を楽しみにしている人は、新しい演出を望む傾向も強いようです。
日本でヒットしたゾンビ系の映画で言えばバイオハザードが有名ですが、これはゾンビというより、ウィルスによる人間のゾンビ化が原因で、ゾンビ達の動きも激しく、スピード感もあるため、アクションとして楽しむ映画とも言えます。
ティファニー・シェピスが出演していた「ストリッパーVSゾンビ」も、バイオハザート同じく、人がゾンビに立ち向かうわけですが、バイオハザードよりもスピード感は少なく、アクションが激しいわけでもないため、アクション映画として見るのも難しい作品でした。
映画作品の中には若干のエロスがあったほうが良いという人もいますが、ホラー系の映画だと、逆に現実感が薄れてしまってホラーとして面白くないという人もいますが、ホラーにエロスを加えるというのはひとつの冒険だったのではないでしょうか。
ティファニー・シェピスの出演している映画の多くがホラー系の映画なので、B級映画を見てみたいと思った方は、一度見てみるのもいいのではないでしょうか。
ティファニー・シェピスは海外の映画女優ですからエキゾチェックな見た目でも人気を取ることができる女優だと思います。
関連記事
映画は映画館で見るといいものがあります
最近では映画館で公開された映画でも、すぐに地上波のテレビで放送されたりするので、わざわざ映画館まで観に行かないことも多くなりましたが、でも、映画館で見るとその迫力で、映画館まで来てよかったな、と思う映画が多くなっています。

続きを読む...